WP5.5の新仕様に伴い、TCDテーマの高速化機能からLazyload機能を廃止いたします。

2020年8月11日にリリースされたWordPress5.5には、Lazyload機能がデフォルトで搭載されています。「メディアを追加」などで差し込んだ画像などのコンテンツには、自動でlazyload機能(遅延読み込み機能)が適用されます。

LazyLoad機能については下記記事を参考にご覧ください。最新バージョンのWordPressでは、この機能がデフォルトで搭載されているということです。

画像の読み込みを遅延することでサイト表示速度を最適化するWordPressプラグイン「Lazy Load – Optimize Images」

MASSIVEでは、この機能と干渉することを防ぐためにTCDテーマオプション内の高速化機能からLazyload機能を削除しました。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. WordPressテーマ「MASSIVE」機能概要

  2. ページの長さを変えずに多くの情報を伝達できる固定ページテンプレート 「アコーディオンページ」

  3. インタビュー詳細ページでは、働く姿勢や会社へのスタンスを詳しく訴求できる

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP