テーマオプションでアカウントを入力するだけ!Facebook OGPやTwitter Cardsに対応

OGPとはFacebookやTwitterなどのSNSでシェアされた際に、そのページのタイトルやURL、概要、アイキャッチ画像を正しく表示させる仕組みになります。
当テーマではFacebook OGPやTwitter Cardsを標準装備で搭載しており、難しいカスタマイズをする事なく誰でもテーマオプションより簡単な設定をするだけで設定が可能です。これによりサイトのソーシャルボタンからシェアされた記事がソーシャルで拡散される可能性を上げるのが狙いです。

SNSで拡散前にOGPが正しく表示されるかどうか下記のようなツールで確認します。

シェアデバッガー(Facebook)
Card validator(Twitter)

設定していない状態で先にシェアしてしまうと、アプリやブラウザにキャッシュが残り、画像が反映されない場合があるので注意しておきましょう。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. WordPressテーマ「MASSIVE」機能概要

  2. 社員やスタッフの雰囲気を伝えるのに最適なカスタム投稿タイプ「インタビュー」

  3. 訪問者の記憶に残るMASSIVEオリジナルの2分割ヘッダーを搭載

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP